音楽芸能最新ニュース

話題の芸能ニュース・音楽情報を速報

結婚することになり花嫁入場の時のエスコートに実父を希望したら母の再婚相手の義父が「俺は何だったんだ」と言い出した

   

結婚することになり花嫁入場の時のエスコートに実父を希望したら母の再婚相手の義父が「俺は何だったんだ」と言い出した

WS000023

459:おさかなくわえた名無しさん:2017/05/10(水) 18:20:12.57

愚痴

8歳の時に両親が離婚、母と暮らすように

理由は所謂性格の不一致や仕事でのすれ違いなどで、不貞行為は双方なかった模様(これは多分本当)

母親も仕事をしていたから困窮したことはなく、父親とも定期的に会ってた

12歳の時に母が再婚、バツイチ同士で再婚相手は子なし

普通に良い人だし、特に問題もなく今に至る

学費(院まで)は実の父、生活費は再婚相手

母の再婚相手は「お義父さん」、実の父親のことは「パパ」と何となく呼び分けていた

問題が発生したのは私が結婚することになり、結婚式の段取りを決めることになった時

私は花嫁の入場の時のエスコートに実父を希望、そしたら再婚相手が怒って「俺は何だったんだ」と言い出した

もし父と死別とかだったら、「お義父さん」と歩くのでも全く問題はなかった。お世話にはなってたし、可愛がってもらったし

でも世話になり可愛がってもらったという点においては実父も変わらないわけで、だとすると私にとって一緒に教会を歩く相手は実父以外考えられない。だって実の父だし。

母は「お義父さんに対してちゃんと感謝はするべきだけど、この件に関しては娘の意見が優先されるべき」という意見

養子縁組はしてないものの父親として尊重してきたつもりだが、一緒にバージンロードを歩けないという一点で「父親扱いされていない」ということになるらしい

面倒臭くなったので一人で入場という形にしようかなという気になってきてるけど、そうしてもこの蟠りは消えないだろうなと思う

元記事:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/kankon/1494066817/

続きを読む

ページ: 1 2

 - 未分類

×